オフィス玩具委員会

じゃれ本

JAREBON

オフィスでコミュニケーション文学!「じゃれ本」は、みんなで不思議な物語「ショートショート」が書けてしまうゲームブックです。
リレー小説のように少しずつ、みんなでまわして書いていくことで、
物語はだんだんと不思議なお話へと変わっていってしまうのです。

遊び方

1.不思議な題名を考える。

じゃれ本 題名ワークシートを使うことで、誰でも不思議な言葉をつくることができます。
できあがった不思議な言葉から、これからみんなで書いていくショートショートの題名を選びます。

2.みんなで物語を書く。

題名が決まったら、いよいよみんなで書いていきます。1回に書く文量はおよそ50文字。
制限時間は2分。書き終わったら、次の人にまわしていきます。
次の人は、題名と前の人が書いた文章のみを頼りにその続きを書いていきます。
だいたい15分くらいで、400文字原稿用紙一枚分のショートショートが完成します!

3.みんなで読んでみる!

できあがったら、早速読んでみましょう!
「きれいに話がつながっている!」「何でこんなあべこべな展開に!?」
いろいろな味わいのある作品が仕上がっていることでしょう。
体験した方々からは、「物語を読んでこんなにも笑ったのはひさしぶりです!」
「一緒に働いていたあの人が、まさかこんなことを考えてしまう人だったとは?!」などなど。
文学を通じて、楽しくコミュニケーションをとることができてしまうのです。

※販売サイトより、注意事項など詳細をご確認の上、お申込み下さい

CREATOR

Business Producer田丸 雅智
General Secretary浦川 通
Game Designer島田 賢一
Game Designer大山 徹
Illustrator三ッ間 菖子